<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フラワー・オンライン

LAからこんにちは。MKです。

突然ですが、私はお花をもらうのが好きです!

いえ、私だけじゃなくってお花をもらって嬉しくない女性はいないと思います。

男性の皆さま、恋人や奥様にお花を贈っていますか?

PS君はお花をよく贈ってくれます。
誕生日やクリスマスやバレンタインデイや、特に理由のない日でもくれます。
遠距離恋愛してた頃、ちゃんとその日に届くように郵送してくれてました。
いちばん嬉しかったのは何度目か忘れちゃったけど、バレンタインデイに届いた紫色のチューリップ!
すごくキレイだったぁ。

私たちだってときどきケンカをするんですが、仲直りまでに時間はかかりません。
たいていその場で話し合う or 数10分後にはどちらかは「ゴメンね」と言って終わり。
(大概引きずるのはMKだったりする^^;)

そんなケンカの次の日には花束を買ってきてくれますが、
その花束だけでケンカのことなんかコロッと忘れてしまう単純なMKです。

さて、私の言う「お花」とは「花束」のことです。
可愛いバスケットや鉢植えになっているのもあるけど、MKは断然「花束」派!!

女性にとっては花束をもらう瞬間がイベント!

男性にとっては花束を渡す瞬間がイベント!  …そう思ってます。

(花束をかかえてドキドキする男性の姿も素敵ですね)

強いて言えば花束はなるべくデッカイのがいいな~、持ちきれないくらいの花束なんて夢みたい♪
(えへへ、夢ですけどね^^;)

実は今日、PS君ママのお誕生日なんです。
おめでとうの気持ちを込めてお花を贈ることにしたPS君とMK。

でもアラスカに住むPS君ママに花束を手渡しに行くことはできません。
こんなウェブサイトを見つけちゃいました。

Flowerhand.com (フラワーハンド・ドットコム)

どうやらオンラインや電話で注文すると、その送り先の近くのローカルお花屋さんが花束を作って
おうちまでお届け~♪という流れらしい。

よし、これで行こう!さっそく花の種類を選ばなくっちゃ。

「お誕生日に贈りたい花束」、「ごめんねを言いたいときの花束」、「早くよくなってね」など
様々なメニューがあるのね。もちろんバラやユリなどお花の種類からも決められます。

MKは「お誕生日用」カテゴリーから、PS君ママに似合いそうな花束をチョイス。
オンラインにてオーダーしました。

f0003908_13495596.jpg
←こんな感じでもうちょっと大きめに、とリクエスト


配達日もちゃーんとチェックして、今日届くように手配済み♪
「We Love You」ってメッセージカードもつけた。

遠く離れる大好きな人に新鮮でキレイなお花を贈れるのは嬉しい。
でも、お花屋さんに行ってその人を想いながら花を選ぶ作業がないっていうのがちょっと寂しいなぁ。

さて、皆さん。今度はいつ大好きな人に花束を贈りますか?
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-28 13:58 | ロサンゼルス日記

街いちばんのサンドイッチ

LAからこんにちは。MKです。

ある休日、朝11時。MKはこんな叫び声を聞きました。

「硬いパンのサンドイッチ食べたいっ!」

PS君はときどきサンドイッチ食べたい症候群が出ますので、一緒に買いに行くことにしました。

ロサンゼルスでいちばん美味しいと評判(by PS君)のサンドイッチはイタリアン・デリにて手に
入れることができます。

Bay Cities Italian Deli & Bakery (ベイ・シティーズ・イタリアンデリ & ベーカリー)

f0003908_8415518.jpg

←店内はスーパーマーケット&お惣菜屋さんみたいな感じ。
 イタリアから輸入される食材や調味料がところ狭しと並んでます。
 活気で溢れてる!


f0003908_8423761.jpg

←この棚は全部オリーブオイルとバルサミコビネガー
 (種類がありすぎて選べないよ…^^;)


f0003908_8425724.jpg

←色とりどりの棚は見てるだけでたのしー♪


f0003908_8431579.jpg

←ここがサンドイッチコーナー。すんごい人だかりです。








サンドイッチを買いたい人はまず番号札を取ります(日本の銀行や郵便局みたいなの)
そしてカウンターの中のサンドイッチ職人(?)のおじさんに呼ばれるまでじっと我慢の子…

PS君は40番の札を取ったんだけど、その時点で呼ばれているのはなんと9番。
え~、これからどんだけ待つの~(-_-;)

やっと順番が回ってきておじさんにオーダーし、できあがったサンドイッチを持って店を出たのは約1時間後。

そしてこの日は天気もいいってことで即席ピクニックの始まり始まり~。
だってここはサンタモニカ、ビーチのすぐそばなんだもん♪

よく見ると周りの人も皆同じサンドイッチ食べてるような気が…
どうやら Bay Cities Italian Deli & Bakery でサンドイッチ買ってビーチへ行くのが
この付近の人たちの定番なんだね。


f0003908_8443867.jpg

←芝生の上にサンドイッチを広げます。
 ルートビアとピンクレモネードも買っちゃいました。


f0003908_8445517.jpg

←柵の向こうは海!


f0003908_8451039.jpg

←MKのローストビーフサンドイッチ。でかいです!
 お肉がみっちり詰まってます。


f0003908_8452625.jpg

←PS君のスイスチーズサンドイッチ。これもでかいです!


そしてパンはめっちゃ硬いです。それをがぶがぶと一生懸命食べます。
MKはかぶりつきフードはちょっと苦手ですが、本当に美味しいの!ぺろりと平らげてしまいました。

ときどき無性にこのサンドイッチが食べたくなるPS君ですが、MKにも移ってしまいそう…

次回、「硬いパンのサンドイッチ食べたいっ!」と叫ぶのは私かもしれない。
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-26 09:05 | ロサンゼルス日記

なに着る?ハロウィーン!

LAからこんにちは。MKです。

10月31日のハロウィーンまであと1ヶ月とちょっと。
最近、郵便物にこんなチラシが入るようになってきた。

f0003908_1347914.jpg
ハロウィーンの仮装用コスチューム大セール!









男の子はスパイダーマンなどのヒーロー系。パイレーツも人気みたい。ジョニー・デップ効果?
女の子はシンデレラなどのお姫さま系ね。ティンカーベルもめっちゃ可愛い!


でもでも、仮装したいのはお子様だけではございませんことよ。
おとな用コスチュームもちゃーんと売ってます。

MKがしてみたいのはやっぱりフェアリーテール系

f0003908_13481711.gif

←第1希望は「白雪姫


f0003908_13483626.jpg

←第2希望は「赤ずきんちゃん


f0003908_13485257.gif

←第3希望は「不思議の国のアリス














ちょ、ちょっとセクシーすぎやしませんか、お姉さま。MKはこんなふうに着こなす自信はありません^^;
だけどせっかく仮装するのなら思いきってやってみたい気もする…(予定は未定)

そういえばニューヨークでのハロウィーン・パレードは通りいっぱい仮装した人たちで溢れてたな~。
何ブロックも行列が続いて皆でねり歩くの。見てるだけでもとっても楽しい!
もちろん誰でもパレードには参加できますよ。

ボストンにある、魔女裁判が行われた街セーラムでパレードを見たときは
やっぱり魔女系の仮装をした人が多かった気がする。

PS君とハロウィーンの話をしているとPS君の希望はたったひとつ、
私にどうしてもこの格好をして欲しいらしい。

f0003908_13495183.jpg

←「フレンチメイド














イヤです。絶対にイヤです!あなたの個人的趣味が入ってませんかー?

いくらなんでもこれは断固拒否します。だってハロウィーン関係ないやん!

(ん?私の希望もハロウィーン関係ないか…^^;)
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-24 14:02 | ロサンゼルス日記

ゴリラが飛び出てくるぅ~

LAからこんにちは。MKです。

飛び出すマイケル・ジャクソン@ディズニーランド
飛び出すターミネーター@ユニバーサル・スタジオ

と聞けば何を思い出しますか??

そうです。3D映画です!
ここロサンゼルスではこーんなエキスポがありました。

World 3-D Film Expo Ⅱ(世界3D映画博覧会Ⅱ)

f0003908_5231129.jpg






ハリウッドにあるThe Egyptian Theatre (エジプシャン・シアター)で行われたこの博覧会は
古くからハリウッドで制作されてきた3D映画を一挙に上映してしまおう!という
マニアにはたまら~んイベントなのです。


f0003908_5261793.jpg
←ここがエジプシャン・シアター


f0003908_5272639.jpg

←すごい盛況でしょ?これはヒッチコックの3D映画を見るための行列








全39作品を優先席で見られるフェスティバル・パスはなんと499ドル!高いよ~。
Tシャツやプログラムも特典として付いているんだけど、MKは実は
「ほんとにこのパス買う人いるんかいな?」と思ってました。

でも!

会場には首からこのパスをぶらさげてる人たちがたくさんいた^^;
皆499ドル払ったのね…とじぃーーーっと見つめてしまいましたよ、私。

PS君とMKはそんなパスは当然買えなかったけど2本観てきました。
(1本ひとり14ドル。2日連チャンで行っちゃった)

会場に着いてチケットを買ったら忘れてはならないのが、3Dメガネ
かつては青と赤のメガネでしたよね?でも今は両方同じグレーっぽい色です。

f0003908_5285113.jpg

←かけるとこんな感じ











さて、PS君とMKが観た3D映画をご紹介。
まず1本目は「3-D Animation Show

f0003908_5292877.jpg



f0003908_530346.jpg

←皆さんお馴染みのポパイや、


f0003908_530239.jpg

←おばけのキャスパー









を含む10本の古典アニメを90分間でどど~んと上映!圧巻です。
客層は子供連れのお父さんお母さん…

アーンド、3D映画マニア。

子供達がきゃーきゃー言って喜んで観てる横で、「うぉぉ~」とマニアックな興奮が^^;

2本目はこの博覧会のクロージングを飾った「Gorilla At Large

f0003908_5321194.jpg











1954年に制作された古い3D映画です。(3Dじゃないですが予告編が見れます)

夜9:45が最後の上映、感動のクロージング。
そしてそこは3D映画マニアのみの世界。なんか濃い~空気が漂ってます^^;

何にも悪いことしてないゴリラなのに最後は警察に銃殺されてしまうシリアスな内容。
その間、数回ゴリラがスクリーンから飛び出してくる!!(もちろん着ぐるみ)
歓声あり、笑いあり、拍手ありの盛りだくさんな1時間半。

いや~、おもしろかった!

当時の映画制作に携わっていた人たちは、きっと「この3D映画がこれからの歴史を作る!」と
思っていたんでしょうね。
その情熱と、今でもなおその情熱を受け継いで毎年エキスポを開催する人たちの「映画を愛する心」が
ひしひしと伝わってきたのでした。
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-21 05:49 | ロサンゼルス日記

らくがきアート:Banksy

LAからこんにちは。MKです。

グラフィティ・アーティストBanksy (バンクシー) のアートショウへ行ってきました。
「グラフィティ」とはよく壁にスプレーで描かれている、いわば「落書き」といったところ。
(日本でもよく見かけますよね)

バンクシーは、自分の作品をニューヨークのメトロポリタン美術館や、ロンドンの大英博物館に
無許可で展示したりするんです。
開館時間内に他のお客さんに混じって、堂々とやってるの!しかも3日間くらい誰も気づかないんだって!
彼が変装して作品を美術館の壁に展示する様子はフィルムに収められていて、見ることができます。
彼のウェブサイトにあるように「barely legal(ぎりぎり合法)」のゲリラ的活動をしてる。

彼の作品は主にanti-war(反戦争), anti-capitalism(反資本主義), anti-establishment(反体制)で
かなり強いメッセージが含まれてます。

LAの中でもちょっとコワイかも…と思われる地域のとある倉庫で行われたこのショウ。

f0003908_1582535.jpg

←中に入るために並ぶ人たちがこんなに!


f0003908_1585620.jpg

←入り口ではバッグの中身をチェックされます。
  ペンや蛍光マーカーなど、彼の作品に傷がつなかいように
  筆記用具は預けなければいけません。

  とはいえ彼の作品自体が「グラフィティ=落書き」なので
  落書きの上に落書きされないように…う~ん、ややこしい^^;



↓展示されていた作品はこんなの。

f0003908_1591816.jpg

←倉庫内に置かれた大きなトラックに描かれたドロシー。
  手に持ってるのは…。


f0003908_1594355.jpg

←彫刻もあった。首の上に乗っかってるのはカメラ。


f0003908_159591.jpg

←これ本物の象さん!でっかいよ~。動いてるよ~。
  ピンクと白で体全体が壁と同じ柄に塗られている。
  これは、英語で「There’s an elephant in the room.」と言う表現があり
   「皆知ってる問題がそこにあるのに誰も話そうとしない」という意味だそう。





このような作品がところ狭しと展示された倉庫の中は人の熱気でむんむんしてました。

MKがこのショウを見に行った前日、セレブ向けのオープニングパーティがあったらしいのですが、
なんとアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが一緒に来てたんだって!
でもバンクシー本人は素性を明かしていないので、誰が見に来ようが姿は現しません。

そして彼の作品(ちゃんとキャンバスに描かれているもの)は500ドルで買えるそうです。

PS君いわく数年後には1万ドルになるよ!って…。ほんとぉ~???

バンクシーの作品が大好きなPS君、買いたくて買いたくて後ろ髪引かれまくり。
MKはその腕をぐいーーーーっと引っぱって会場を出てきました。

たとえ1万ドルに値が上がったところで、PS君がそれを売るはずがないのを私は知ってるから!

だから買いませんっ!!
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-19 02:21 | ロサンゼルス日記

ホーム・スィート・ホーム

LAからこんにちは。MKです。

そろそろ渡米から2ヶ月、ずいぶんとアパートメントの中も整ってきた。
家具や調理用具も揃って快適な生活に近づいてきて、とっても嬉しい私たち。

実は家具選びや部屋のデコレーションにPS君の意外なこだわりを発見しました。

PS君は小さい頃から、PS君パパの仕事の都合で何度も何度も引越しを繰り返してきたらしい。
小学生のときなんて1年に3回も引っ越したことがあるそう。

Where are you from? の質問には必ず、I’m from everywhere. と答えるPS君。

大人になってからもアリゾナに住んだりニューヨークに住んだりアラスカに住んだり大阪に住んだり、
いろいろな土地で生活してきたPS君にとって私と暮らすここロサンゼルスのアパートメントが

「ホーム」と呼べる初めての場所なんだとか。

たとえこんなおんぼろアパートメントでも(おっと、失礼)彼にとっては大切な場所。
なので家具とデコレーションには徹底的にこだわりたい!

というわけで、MKがロサンゼルスに到着した次の日からさっそく家具探しを始めました。
鼻息荒く次々と家具屋さんを回るPS君、その横でMKは展示用ベッドでお昼寝。(時差ボケやったもん)

しばらく経って時差ボケもなおり、本格的に家具探すかぁとやっとはりきり始めたMKと、
待ってましたと言わんばかりのPS君。

でもね、

意外とふたりの好みが合わないの!困った。

古いもの好きのPS君のリクエスト
 1.アンティーク家具がいい。もしくは本物のアンティークでなくともレトロ調で。
 2.部屋ごとに色のテーマを決めたい。

すっきりと暮らしたいMKのリクエスト
 1.いつまでも飽きないようにシンプルなお部屋にしたい。
 2.どの部屋も全部同じテイストで揃えたい。

(部屋って言ってもワンベッドルームだからほとんどないんだけどね^^;)

そして…

入居してから2ヶ月。あっちがいい、こっちが好きと喧嘩しながらだったけど
ベッド、ダイニングテーブル、カウチ、キッチン用品、収納用品…なんとか揃ってきたなぁ。

そんなある日、ふと立ち寄ったある家具屋さんで一瞬にして一目惚れ~なものに巡り会った!
好みが違うふたりなのに、こればっかりはPS君もMKも目がでっかいはぁと。

f0003908_6591330.jpg

←赤くて黒いランプ

←珊瑚のモチーフと黒いシェードが超かっこいい!









お気に入りのランプもあるし、あとは部屋に飾るアートワークを決めなきゃね、PS君。


…えっ?「女囚さそり」のポスター貼りたいの?

f0003908_715383.jpg

←こんなの











ちょ、ちょっと考えさせてください。




::おまけ::
mixiお友達のはんちゃんから回ってきた「お部屋バトン」、新居が整うまであっためてました。
では行ってみよーう。

①あなたは実家?一人暮らし?
   アメリカ人の旦那さんとロサンゼルスで二人暮らし (猫を飼いたいが未定)

②あなたの部屋には写真がありますか?
   旦那さんが写真好きのため私の写真が大量にある。全部で数百枚?
   ポスターサイズに引き伸ばして壁に貼ると言ってる

③あなたの部屋の壁に何が掛かってる?
   日本から持ってきたシェルカーテン (可愛くてお気に入り)

④あなたの部屋にぬいぐるみはありますか?
   お母さんが作ってくれた編みぐるみをひとつスーツケースに入れてきた

⑤あなたの部屋に漫画はありますか?
   うふふ、あります。ダンボール一箱分

⑥あなたの部屋にある機械は?
   私とここを見てくれている人をつなぐ大切なPC

⑦あなたの部屋でこれだけは人に負けない!というのは?
   旦那さんスペースの散らかり具合。
   「明日までに片付けないと捨てる!」と言うまでほったらかし。一度捨てたことがある

⑧寝ているときに必ず置く物は?
   グラス一杯のお水。牛乳瓶の底みたいな眼鏡

⑨あなたの部屋は何畳?
   日本のひと部屋の感覚よりは大きいかも

⑩あなたの部屋は全体的に何色ですか?
   壁もドアもドアノブもコンセントも真っ白のペンキで塗り込められてる

⑪あなたの部屋には何がありますか?
   日本のものとアメリカのもの

⑫あなたの部屋で一番多い物は?
   洋服。旦那さんのクローゼットまで侵略中

⑬ポスター等貼ってますか?
   これからヤクザ映画のポスターだとか浮世絵だとかが貼られていく予定

⑭部屋についてのこだわりはありますか?
   何がどこに収納されてあるか一瞬で答えられるくらい整理されていること。
   探し物ってあたふたしちゃうのでMKの精神衛生上よくない

⑮部屋に置きたかったけど置けなかったものは?
   メイク用品やスキンケア用品を大量に並べられる、大きな鏡のついてるお化粧台。
   でもまだ諦めてない

部屋を教えてもらいたい人
   同じくmixiお友達で私と30年来のおつきあいのあるmiz!よろしくぅ~。
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-16 07:21 | ロサンゼルス日記

わたし、乾いてるっ!!

LAからこんにちは。MKです。

アメリカへ引っ越してきて1ヶ月経ったころから、恐れていた事態が発生。
乾いてるんです。


 お肌が!!!!


極めて硬水だと言われているロサンゼルスのお水でざぶざぶ洗われるMKの髪や顔、
指先までもがだんだん乾燥してきてる。特に目立つのはやっぱり顔。


 プツプツおでこも、
 
 ごわごわほっぺも、

 かさかさ口元も、


ぜんぶぜんぶこのにっくき乾燥のせいなのよーーー!!許せない。

スキンケア用品は日本から持ってきたものが今のお肌に合っているし、
敏感になっている時期に新しいものに変えて刺激を与えるのはよくない。(私の場合そうなんです)

ということは…からだの中から潤わなきゃダメ!

そして潤いを求めてドラッグストアへ走りました。
買ったのは、ソース・ナチュラルズ社のスキン・エターナルシリーズの中でも人気の高いサプリメント。

HYALURONIC ACID (ヒアルロン酸)

f0003908_633827.jpg













自分の体調や乾燥度に合わせ飲む量を調節できるんですが、
私は朝晩2錠ずつたっぷりのお水で飲んでいます。勝負のときは倍にします!(←いつだ?)

ところでアメリカのサプリってやたらと長いのよねぇ。やっぱり内容量の違い?
ときどき粒が喉につっかえそうになって「うぐっ」となってしまいます。

しかもこのヒアルロン酸サプリはなぜかミント味なんです。飲んだ後スースーします^^;
でも効果があるなら我慢して飲んじゃう☆

飲み始めて約1週間、おでこもほっぺも口元も少しずつ改善されてきた。
よしっ、このまま続けてもちもち潤い肌を手に入れるぞ~。

頼んだわよ、ヒアルロン酸♪
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-13 06:40 | ビューティー@アメリカ

スーパーなうどん☆

LAからこんにちは。MKです。

うどん大好きPS君、ある情報を聞きつけてMKをうどん屋さんへ連れて行きました。

SUPER UDON (スーパーうどん)

f0003908_12125424.jpg











私たちの住む町からは車で30分ほどのガーデナという場所にあります。
PS君うっきうきで車を運転中、MKに自分の聞いてきた情報を教えてくれました。


 PS「スーパーうどんの社長って誰か知ってるぅ?」

 MK「知らん」 
(←あまり興味なし)

 PS「ぐふふ、元阪神タイガースの伊良部だよ。い・ら・ぶ♪」

 MK「…ふ~ん」



PS君は私がビックリしなかったことにビックリして、何度も何度も「伊良部、伊良部ぅ~」と繰り返し
MKの興味を引こうと必死。

そう、PS君は実は(自称)阪神タイガースのファンなんです。
2003年のリーグ優勝のとき、ちょうど日本にいた彼は今にも道頓堀へ飛び込みそうでした。
そういえばPS君、あなた伊良部選手の携帯ストラップ付けてたわね。

マイ・フェイバリット・プレイヤーに会えるかも?とPS君は目をキラキラさせてスーパーうどんへ到着。

ファーストフード店のようにカウンターで店員さんに注文すると、さっとうどんが出てきます。
そして支払いを済ませ各自でテーブルへ持っていって食べる。立ち食いうどん屋さんのような感覚でした。

PS君は釜玉うどん、MKはきつねうどんを注文。

お値段が比較的安いうえランチタイムということもありお店は盛況でした。
肝心のお味はPS君いわく「麺にコシがあってうまい!」ということ。
OSAKA NOODLEと書いてあるだけあって関西風のうどんだしになってました。

そして食後またカウンターへ戻るPS君、店員さんに向かっておもむろに


 PS「伊良部ハ 今、ココデスカ?」 (←呼び捨てはやめてっ!)

 店員「社長は今、日本です」



PS君、しょんぼり…

肩を落とす彼にMKは、また来ようね。元気だしてっ。と言わざるを得ない雰囲気。

それからというもの私がうどんを作ろうとしたらPS君は「伊良部スタイルでよろしく!」とリクエストするので、
せっせと釜玉うどんを作っております^^;


追記:
アメリカの生卵って大丈夫なのかしら?
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-11 12:20 | ロサンゼルス日記

グリーンカード到着!(アメリカ人との国際結婚No.31)

LAからこんにちは。MKです。

アメリカ移民局から待ちに待ったグリーンカードが届きました!!

私は移民ビザ請願のときも最終面接のときも新住所が決まっていなかったため、いったんPS君ご両親の
おうちに送付してもらい、その後PS君ママから転送してもらいました。
そのため1週間ほどタイムロスがあったものの、私がアメリカへ入国した日から1ヶ月強で
手に入ったことになります。

グリーンカードには「PERMANENT RESIDENT CARD」と書いてあり、移民としてアメリカに居住する人は
必ず持っていなければなりません。

おもて面には、MKの名前・性別・誕生日・出生国・入国日などの情報が記載されています。
指紋もばっちり載せられてます。カードの色は薄い黄色なのですが、かつては緑色だったらしく、
そのため通称で「グリーンカード」と呼ばれるようになったそう。

そしてビザ面接のときに提出した写真が載っているのですが、これがクセモノなのです。

顔写真が圧縮されていて、なんだか別人のような顔になってるーーー!!

ただでさえ気にしているのに余計に丸顔に写ってるではないですかっ(←ちょっと怒り)

私の写真を勝手に圧縮しないでくださーい。と本気で叫びたい気持ち^^;

ま、まぁ写真はともかくうら面を見てみる。
ここにも「PERMANENT RESIDENT CARD」の文字が入ってますね。

そしてよーーく目を凝らして見てみると、ちっちゃく歴代大統領の顔がずらっと並んでいる。
一人の顔は2ミリくらい。米粒に書かれたお経を思い出しちゃった。

あとはアメリカの地図や自由の女神や各州の旗なんかも載っていて見ているだけでも楽しい♪
これを取得するためにとっても大変な作業も思いも喧嘩もしたけど、今こうして結果が手のひらの上にある。

これからはこの「グリーンカード」が私のアメリカでの存在を証明するもの

よろしくね、カードの中の丸顔の私。(…涙)
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-08 06:35 | ロサンゼルス日記

マジック・キャッスル

LAからこんにちは。MKです。

アメリカのレイバー・デイ3連休のまん中、日曜日。
PS君のおじさんチャーリーにThe Magic Castle (マジック・キャッスル)へ連れて行ってもらいました。

f0003908_15291945.jpg









マジック・キャッスルとはハリウッドに建てられているマジック専門の会員制クラブ
創立から約100年、150人で始まった会員は現在5000人を超えているそうです。

会員にはプロのマジシャンやセレブなどがたーくさん、
そしてこのマジック・キャッスルでショーをすることはマジシャンとしてかなりの評価を得ることになるんだとか。
今、日本で有名なセロさんもキャッスルの会員なんですって。

もちろんPS君も私も会員ではありませんが、PS君のおじさんが会員で、

し・か・も

マジシャンなのです。(←俳優さんでもあるらしい)

そんな彼に連れられて行ったマジック・キャッスルは本格的なヴィクトリア調の邸宅で
まさに魔法のお城といったところ。
厳しいドレスコードがあるので男性はスーツにネクタイ着用、女性はドレス着用と指定されています。
MKもPS君も「これから結婚式?」と言わんばかりのおめかしをして行きました。

さて、お城に一歩足を踏み入れるとそこは紳士と淑女の集まり。
みんなカクテル片手にあらゆるマジックを楽しんでいます。

おじさんのチャーリーはお城の人たちととても親しく、至るところで声をかけられます。
まずカクテルを注文しながらバー・カウンターに座るように勧められ、私はあるおじいさんの隣に座りました。

f0003908_1535162.jpg

←美味しいカクテルやワインがたくさん






するとそのおじいさんがマジシャンで、MKの手のひらでマッチを使ったマジックを見せてくれます!
ひょえ~、私がすったはずのマッチが箱の中に戻ってる!?なんで?

驚きつつ、コスモポリタンを片手に次のお部屋へ。
そこには誰も弾いていないのに勝手にピアノがなっている?
これだけなら普通なんですが、キャッスルのピアノ奏者は実はアルマという名前のゴーストなのです。

f0003908_15371012.gif

←ここにアルマが座っている (らしい)




PS君おじさんのチャーリーがアルマに向かって (ゴーストなのでもちろん見えません)
「MKちゃんは日本から引っ越してきたばかりなんだよ」と声をかけると、
なんと坂本九さんの「上を向いて歩こう」を弾いて応えてくれました。おもしろーい!

そしてキャッスルの中には大小様々なショールームがいくつもあり、

f0003908_1543420.gif

←ヴィクトリア調ステージ






古典的なマジックや話術巧みなマジシャンが見せてくれる楽しいトリック、実際に数10センチ先で見れるマジックなど、
もう楽しくって笑いすぎてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

MKにこんな貴重な経験をさせてくれたチャーリーおじさん、ありがとう!!
そして100年もの間、マジックの魅力を見せ続けてきたこのマジック・キャッスルの存在に驚かされた一日でした。
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-07 15:48 | ロサンゼルス日記