カテゴリ:イタリア旅行記( 9 )

イタリア旅行記:ジェノヴァ

LAからこんにちは。MKです。

さぁ、PS君とMKのイタリア旅行記もとうとう最終回。ジェノヴァ編、行ってみよう。

チンクエ・テッレからジェノヴァまでは2時間ほどの列車の旅。
とてもとても混んでる列車にぎゅーぎゅーすし詰め状態で移動。

そして着いたジェノヴァの滞在日数は1日だけ。
というのも翌日ジェノヴァ空港を出発してロサンゼルスに帰る予定だったから。

それでも1日あるんだからジェノヴァの街を楽しもう、と地図を片手に歩くことにしました。

f0003908_146014.jpg

←思っていたよりも風情のある街並み

f0003908_146249.jpg

←教会に面する広場にあった大きな噴水

f0003908_1464628.jpg

←こんな煉瓦の階段はヨーロッパを感じさせます


滞在したホテルのそばにこんな地下道がありました。近くに日本の美術館があったらしい。
時間がなくて行けなかったから残念。

f0003908_1471760.jpg

←浮世絵モチーフの地下道


そして教会へ立ち寄ったりエスプレッソを飲んだりして街を散策した後は、
ホテルのお兄さんに教えてもらった「fuori orario」というレストランで夕食。

こじんまりとしたお店で、観光地からもはずれた通りにあったので地元の人がたくさん。
PS君とMKにとってはイタリア旅行最後のディナーだったので、イタリアでの思い出を話しながら楽しい夜を過ごしました。
(お料理の写真を撮るの忘れちゃうほどおしゃべりに夢中でした^^;)

そして次の日、とうとうイタリアとも別れを告げロサンゼルスへ帰ります。

f0003908_1482078.jpg

←ほんとにちっちゃいジェノヴァ空港

f0003908_148464.jpg

←これまたちっちゃい飛行機に乗り込みます


そして往路と同じくフランスのシャルル・ド・ゴール空港で乗り継ぎです。
エール・フ○ンスへの乗り継ぎ時間が1時間半と短かったので急いでチェックインしようとしたら…


 AF 「もう搭乗はクローズしました」

 MK 「え~、でも離陸時刻からまだ1時間もあるんだけど?」



詳しいことはカスタマー・サービスで聞いてくださいと言われ、ちょっぴり顔面蒼白でカウンターへ走る。

するとどうやらオーバー・ブッキングのためPS君とMKの席はもうなくなっちゃったとのこと。
その日の便はどれも満席で次の日しか空きがないって。

えぇ?じゃあ今日はロサンゼルスへ帰れないじゃないの!!どーしてくれるのよぉ<(`^´)>


と、カウンターではぷりぷりと怒った(フリをした)PS君とMKですが、実は内心ニッコニコ。

だって、フランスで1泊できるんだもーーん♪
エール・フ○ンスがホテル(夕食・朝食込み)を用意してくれるって言うし、

し・か・も

ひとり600ユーロ、ふたりで合計1200ユーロ(約18万円)の「お詫び金」つき!

というわけで最後の最後に嬉しいハプニングが起こりました。
用意された空港近くのホテルにチェックインしましたが、そんなところで大人しくしてるわけには行きません。

いざ、パリの街へ繰り出します。
やっぱりココしかない!ってことで行ってきました。「エッフェル塔

f0003908_1514473.jpg

←ライトアップがとってもキレイ


実は昔からエッフェル塔にフォーリンラブのPS君、「So pretty!!!」と言いながらバシバシと写真を撮ってました。
もう一枚、もう一枚だけって言いながらフィルム1本分は撮ってましたよ。
なのにMK+エッフェル塔の写真は一枚もないの。エッフェル塔のみ…(-_-;)そんなに好きなのね。

その夜のディナーのお店を探して「モンパルナス」と呼ばれる地区へ。
飛び込みで入ったドラッグ・ストアのお姉さんに聞いて入ったレストラン。
フランスだけあって、シンプルなお魚のグリルにも手の込んだソースがかかっていて、美味しかった!

そして、フランスにいるんだからクレープ食べたい!と主張したMK、
La Creperie Bretonne」という雰囲気のよさそうなクレープ屋さんに入ることにしました。

f0003908_152564.jpg

←日本でよく見かけるスタンドではなくてレストランになってる

f0003908_1531999.jpg

←通路も通りにくいくらいお客さんがいっぱい!

f0003908_1534044.jpg

←こんなに可愛いお姉さんがクレープ焼いてます

f0003908_154010.jpg

←PS君が注文した「バナナ&チョコ&アーモンド&シャンテ(生クリーム)」
 ちょっと欲ばりすぎじゃないですか~??


こうしてパリの夜を満喫した私たち、空港近くのホテルまで戻っておやすみなさ~い。
次の日、同じくシャルル・ド・ゴール空港からロサンゼルスまでなんとか無事に帰ってきました。

いつかまたイタリアに行こうねって約束して…

そんなこんなでいろんなことが起こったPS君とMKのイタリア旅行記、
皆さん長い間お付き合いいただきありがとうございました!
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-10 02:07 | イタリア旅行記

イタリア旅行記:チンクエ・テッレ

LAからこんにちは。MKです。

フィレンツェの次に訪れたのは、PS君もMKもとっても楽しみにしていたチンクエ・テッレ
チンクエ=5、テッレ=村、という意味でまさしく5つの小さな漁村の集まりのことを指します。
5つある村のうちPS君とMKは「マナローラ」という村に泊まることに。

f0003908_656328.jpg

←ひとつひとつの村はこんな感じ


宿を予約していなかったので飛込みでアパートの1室を借りました。
もちろん観光客用なのですが、キッチンもついてるからお料理したい人は最適。
(MKはお湯を沸かすくらいしか使いませんでした^^;)

そのアパートに決めた理由はコレだけ↓

f0003908_6584723.jpg

←ひろーーいバルコニーから見える眺め。最高です!!

←右側に見えるのは全部ぶどう畑。美味しいワインに変身します。


さて、このチンクエ・テッレは特に観光名所なるものもない小さな村の集まり。
強いて言えば村から村がハイキングコースでつながっているくらいかしら。
(かなりハードでヘトヘトになったよ)

なのでここに来た人は思い思いに自分の時間を楽しんでいる様子。
ローマ、ベニス、フィレンツェ、ピサと観光してきたPS君とMKもここでのーーんびりする予定だったんです。

f0003908_7145824.jpg

←岩場で日光浴する人や

f0003908_7155024.jpg

←ボートで遊ぶ人や

f0003908_7162625.jpg

←ベンチでおしゃべりする人や

f0003908_7165838.jpg

←釣りをする人

f0003908_7171968.jpg

←釣った魚を売ったり買ったりする人

f0003908_7174348.jpg

←写真を撮りまくりの人^^;


ねっ、みんなそれぞれ自分の時間を楽しんでるでしょ?
そして今度は違う村にも行ってみようってことで、ボートに乗ります。

f0003908_7181823.jpg

←5つの村を行き来するボート。

f0003908_718382.jpg

←窓からの景色にうっとり~♪


隣の村「コルニリア」へ到着。この日はビーチで泳ごう!という計画をしてました。

f0003908_719103.jpg

←目指すは「グヴァノ・ビーチ」、案内は壁にペンキで書かれてます

f0003908_7193499.jpg

←なんだかこわーい感じの扉を開けて入る


すると使われなくなった列車のトンネルが続いています。
真っ暗で静かで、ときどき水のしたたる音がする。こわいよ~(涙)そのトンネルを15分ほど歩いて山道を下ると…

f0003908_720885.jpg

←ビーチに到着!!美しい地中海です。


このグヴァノ・ビーチって実はヌード・ビーチなんです!なので写真は少なめ…おほほ。

ビーチには10人くらい日光浴したり泳いだりしている人がいましたが、もっちろんみんなヌード。ほんとに素っ裸なのよぉ~。
右を向いても左を向いても…目のやり場に困ります!それにしても皆さん堂々としていらっしゃる^^;

しばらくすると目も慣れてきたので(笑)PS君とMKも地中海で泳いだり、岩場に寝そべってのんびり。

f0003908_7212678.jpg

←地中海に浮かぶPS君。ラッコではありません。


その後私たちの宿泊しているマナローラ村に戻ってきて、お待ちかねの夕食です。
お気に入りで2日も通っちゃった「イル ポルティッチーノ」にて。
漁村のレストランではやっぱりシーフードを食べなきゃね♪

f0003908_7215877.jpg

←まずはチンクエ・テッレで作られたワインで乾杯。

f0003908_72333.jpg

←魚介のフリット(カラマリ=イカのフライがさくさくして美味しい~)

f0003908_7233578.jpg

←ペスト・ソースのラビオリ

f0003908_723514.jpg

←魚介のリゾット。エビやアサリ、ムール貝などたくさん。


夜はアパートに帰って満天の星空を眺めながらバルコニーでおしゃべり。あーシアワセ。
大阪もLAも街が明るすぎて星はあんまり見えないんだもん。その夜はなんと天の川まで見えた!
(気のせいかしら?)

とてもリラックス&リフレッシュできたこのチンクエ・テッレ。
滞在期間は3日間だけだったので、また来ようねって約束してこの村を出発しました。

ではPS君とMKのイタリア旅行も終盤、ジェノバ編へつづく。
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-09 07:33 | イタリア旅行記

イタリア旅行記:フィレンツェその2、ピサ

LAからこんにちは。MKです。

フィレンツェ滞在の次の日、「ポンテ・ヴェッキオ」を渡ります。

f0003908_7293346.jpg

←1345年に完成したフィレンツェで最も古い橋


そして「サンタ・クローチェ教会」へ。

f0003908_730543.jpg

f0003908_7303482.jpg

←この教会の中にはミケランジェロやその他著名人のお墓があります


その後、タクシーに乗ること20分。PS君が連れて行ってくれた「フィレソーレ」という街。

f0003908_7384422.jpg

←かーなーりキツイ坂を上っていくと…(ふぅふぅ、息切れ^^;)

f0003908_7311199.jpg

←目の前に広がるフィレンツェ全景。すごい!トスカーナ地方って本当にすてき♪
 老後はここで暮らしたいって思う人が多いらしいのも納得。


ちょっと足をのばして「ピサの斜塔」も見に行ったんですよ。

f0003908_7315167.jpg

←斜塔と礼拝堂。この日はなんと晴天、空の青がとてもキレイだった。
 ピサの斜塔は地盤調査で土をいじっている最中、さらに傾いちゃったらしい(汗)

f0003908_7344544.jpg

←お約束の「ピサの斜塔を指で支えちゃう」MK。


アホなことしてたらお腹が空いたのでパニーニ屋さん「イル カングロ」でランチ。

f0003908_736972.jpg

←お店の中は観光客で賑わってた


f0003908_7352563.jpg

←右がMKが注文した人気のプリマヴェーラ。
 ハム&レタス&チーズ、シンプルだけどイケます!


お腹いっぱいになった後は次の観光地、チンクエ・テッレへ移動です。

驚き満載のチンクエ・テッレ編へ続く。
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-08 07:42 | イタリア旅行記

イタリア旅行記:フィレンツェその1

LAからこんにちは。MKです。

ベニスからフィレンツェまでは、3時間ほどの列車の旅。
出発前に買っておいたバゲット、チーズ、ハムを食べながらピクニック気分。

f0003908_14153321.jpg

←車窓より、トスカーナ地方ののどかな風景


そしてフィレンツェへ到着!まずはやっぱり「ドゥオモ」に行かなきゃ!

f0003908_14161696.jpg

←ここでも建築の素晴らしさに驚かされる


そして「サンジョバンニ洗礼堂」の「天国の扉

f0003908_14174337.jpg

←これはレプリカなんですが、当時では初めてだった3Dで十戒が表現されてるそう


ちょっと歩きつかれたMKとPS君ですが、次に目指すのはジェラート屋さん「ペルケ・ノ!

おススメしてくれたのは、MKの日本の元勤め先で出会い、今はmixiお友達として
お世話になりっぱなしのゆうこさん@ボストン!(ゆうこさん、ありがとう)

創業60年のここのジェラートはほんとにあっさりとした甘さで、無添加・無着色で
安心していっぱい食べられちゃう(←ここが危険)
PS君が「ジェラートはひとつのコーンに何種類か乗せて混ぜながら食べるのがイイのだ!」と
本当か嘘かよくわからない通っぷりを披露。それじゃあベストマッチなフレーバーを探さなきゃ~。

MKはバナナとチョコレート。PS君はイチゴとレモンの組み合わせ。

f0003908_14195687.jpg

←両手にジェラート、食いしん坊です。


でもね、どのフレーバーもとっても美味しいの。選ぶのにめっちゃ時間かかりました。
次の日も思わず食べに行っちゃった^^;

そして日も暮れお待ちかねの夕食です。今夜は「カミーロ

f0003908_14223853.jpg


毎晩予約がいっぱい詰まってるお店だったのに、飛び込みで入った私たち。
ラッキーにも待たずにテーブルへ案内されました。

f0003908_14222196.jpg

←MKの注文したポークソテー。ガーリックの風味が食欲をそそる!

f0003908_14231275.jpg

←PS君の注文したトリュフのスパゲティー。なんと35ユーロ(約5200円)


何の迷いもなくサクっと注文したPS君。ビビるMK。
後で聞いたらイタリアでトリュフを食べるって決めていたんだって。先にひとこと相談してよぉ…
ビックリするじゃないの^^;

とってもリッチなお味で気分までリッチになりました。

さて、デザートにティラミスを頼んだらちょっと他のお店とは違うのが出てきた。

f0003908_1424947.jpg

←定番のコーヒー味もいいけど、これがまた美味しいの!
 上に乗ってるのは柿のソースです

f0003908_14261185.jpg

←かーなーり嬉しそうな顔のMK


さて、次の日は怒涛の美術館巡りです。予定は3つ!

まずは朝イチ「バルジェッロ国立博物館」へ眠い目をこすりつつ行きます。

f0003908_14264134.jpg

←どうしても見たかったドナテッロの「ダヴィデ像」


ダヴィデ像を見たらその後ダッシュで「アカデミア美術館」へGO!

f0003908_14275690.jpg

←ここにはミケランジェロの「ダヴィデ像」。想像よりも大きくて、輝いていた。


ローマで1体、フィレンツェで2体見ることができたダヴィデ像。
それぞれに作者もポーズも表情もすべて違いますが比較するととても興味深いですね。
実はMKは「この3つのダヴィデ像についての考察をレポートにまとめなさい」とPS君に言われてるの!

マ、マジですか~??

アカデミア美術館を出て、お次は「ウフィッツィ美術館」へ。ちょっとヘトヘトになってきましたよ…

ここはボッティチェッリの「春」や「ヴィーナス誕生」が展示されています。

f0003908_14283851.jpg

←みなさんご存知ですよね。とても有名です。


というようにいっぱい芸術に触れられるフィレンツェの街。
それにしても1日で美術館3つは疲れた~。もう歩けない…おやすみなさい(-_-)zzz

フィレンツェその2、ピサ編へ続く。
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-07 14:43 | イタリア旅行記

イタリア旅行記:ベニス

LAからこんにちは。MKです。

ローマからベニスまでは飛行機で移動。
もちろん乗り遅れそうになり、空港内を重いスーツケースをゴロゴロ引っ張りながら
ダッシュでチェックインしたのは言うまでもありません…つ、疲れた。

(だってPS君がどーしてもイタリア映画のポスター買いに行くって言うんだもん!)

汗だくで乗り込んだ飛行機で1時間少々、ベニスに到着!
空港から宿泊先のB&Bまでは船で移動です。さすが水の都ベニスです。
f0003908_10542537.jpg

←こんなボートで街から街まで移動できます。


暑かったローマとは違い、ベニスはすっごく寒い!そしてしとしと雨も降っている。
寒がりMKはありったけのセーターを着こみました。

初日の観光地は、絶対に行こうと決めていた「ムラーノ島

f0003908_10552715.jpg

←細いカナル(運河)沿いに並ぶ小さなお店やレストラン


ここはベネチアングラスを作っている工房がたくさんある島で、大きな都市とは違い
静かで落ち着いた雰囲気があります。
その昔政府がガラス制作の技術が外部に流出しないように、ガラス職人たちをこの島に移住させて、
しかも島から出ることを禁止していたといわれてます。
地元では、ベネチアングラスのことをムラーノ・グラスと呼んでいます。
この島のガラスであることがひとつのブランドのようなものですね。

ベネチアングラスが買いたかったMK、今日はのんびりとひとりでこのムラーノ島を観光です。

ひとりで…

そう、ローマできばりすぎたのか?PS君が突然の発熱!彼は一日宿から出ずに寝込んでおりました。

f0003908_10572240.jpg

←カナル沿いを歩いていると野菜売りのボートに遭遇。

f0003908_10574946.jpg

←ガラス製品を売っているお店がたくさん


f0003908_10581963.jpg

←あるガラス工房を見学してみました。
 マエストロと呼ばれるトップの職人とそのアシスタントによって制作されていきます。


工房をでると、彫刻顔の超イケメン・イタリアーノに隣のお店へエスコートされます。
お店の中でいちばん欲しい!と思ったのはこれ。

f0003908_1059484.jpg

←豪華なシャンデリア。買えるはずもなくお店を退散。


f0003908_10592622.jpg

←そして発見!お気に入りだったお店「rossana e rossana

f0003908_10595480.jpg

←こーんなにキレイなガラスのブレスレットを
 MKと親友にオソロイで買っちゃいました。


そして次の日、なんとか体調も戻ったPS君と一緒にベニスの街を歩きます。

f0003908_1103129.jpg

←すれ違う人と肩が触れるほどの細い道

f0003908_1105785.jpg

←「サン・マルコ寺院

f0003908_1112817.jpg

←前日の雨で運河が溢れ、設置された板の道を歩く人たち


サン・マルコ寺院を見学後、PS君にすすめられ広場のハトに餌をやることに。
意地悪なPS君、集まってくるハトの数の多さをMKに教えてくれませんでした。

で、餌を買って手に持つと…どんどんハトがMKの周りに集まってくる

f0003908_1115852.jpg

←ハトに襲われるMK

←後ろのおにーさん、笑ってないで助けて!

f0003908_1122666.jpg

←まだまだハトに襲われるMK、半泣きです(T_T)


なんだか騙されたような気がしてプリプリ怒るMKはなんとかPS君になだめられ、
今度は「リアルト橋」へ。

f0003908_1131561.jpg

←ベニスの運河にかかる橋の中でいちばん大きいリアルト橋


そしてやっぱり忘れてはならないのが、「ゴンドラ」!
いや~、一応ハネムーンなんで^^;ちょっとロマンチックに行こうと決めて乗り込みます。

f0003908_1141969.jpg

←遠くから見るとこんな感じ。このカップルもとってもロマンチック (はぁと)

f0003908_1145611.jpg

←肝心のMKとPS君。ゴンドリエールのトニーと一緒に。
 あんまりロマンチックではない気がするんだけど…PS君なんて顔してるのっ??


ゴンドラに乗って運河を渡っていると他の観光客に何度もカメラを向けられ、ちょっと恥ずかしいです。
(でも手を振っちゃったりして^^;)

そんなこんなで、水の都ベニスの旅は終わり。ではでは、次回はフィレンツェ編へつづく。
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-06 11:15 | イタリア旅行記

イタリア旅行記:ローマその3

LAからこんにちは。MKです。

ローマ編は最終回です。では今回の観光スポット行ってみましょ~。

まず、ミーハーMKちゃんが絶対にしたかったこと。それは…

真実の口」でローマの休日ごっこ!

f0003908_2181839.jpg

←MKはかなりオードリー・ヘップバーンの演技が
 できたと思ったんだけど、写真見たらなんか違う…
 PS君も迫真の演技。もちろん後ろに並んでる人たちには笑われました^^;


そしてもひとつローマの休日ごっこで、「スペイン広場」へ。
ここでは飲食が禁止されているので、ジェラート食べられなくて残念。
オードリー気分を味わいたかったのにぃ~(>_<)

f0003908_2191281.jpg

←すごい人で階段が見えない!MKも座ってます。


その後「ボルゲーゼ美術館」へ。

f0003908_2201035.jpg

←ボルゲーゼ美術館の白く美しいたたずまい


この美術館は人数制限があるので必ず予約しましょう。時間制ですが、人数制限されているためゆっくり鑑賞することができます。
カラヴァッジオの作品がたくさん展示されていて、カラヴァッジオファンのPS君は大満足。

f0003908_2205296.jpg

←天才画家と言われたカラヴァッジオの私生活は、
 逮捕・投獄を繰り返し、殺人まで犯してしまう激しいもの。

f0003908_2211573.jpg

←MKはベルニーニのダヴィデ像に感激!
 大理石のかたまりからどうしてこんな美しく力強い表現ができるのか??
 しばし見入ってしまいました。

f0003908_2214858.jpg

←美術館を出ると「ボルゲーゼ公園」という大きな敷地を
 歩くことができます。
 芝生で寝転がったり、子供達が遊んだり、ジョギングする人たちがいたり…
 MKとPS君もベンチに座ってちょっと休憩。PS君は読書、MKはシエスタ。
 (どこでも眠れるんですの、ワタクシ)


公園でのんびり休憩したあと、PS君がある教会に連れて行ってくれました。
サンタ・マリア・インマコラータ・コンツィオーネ教会

f0003908_2241096.jpg

←一見フツーの教会なんです。

f0003908_2243270.jpg

←でも地下室(クリプト)の入り口を入ると…

f0003908_2244631.jpg

←なんと内部は人骨でデコレーションされています。
 約4000体のカプチン会修道士の骨でできているらしい。
 知らずに入ったMK、言葉を失ってしまいました。

←その人骨の前にはこんな言葉が。
 "What you are now we used to be; what we are now you will be." 


ローマ最終日の夜、レストラン「アル ボッチェット」へ行きました。

f0003908_2395824.jpg

←大きなきのこの絵が入った窓が目印


注文したのは「パスタ ノンストップ!」7種類のパスタをストップかけるまで食べることができます。
この7種類はシェフのその日の気分で決まるそうですよ。
MKはぜ~んぶ試したかったのでストップかけませんでした。欲張りすぎ??

f0003908_226350.jpg

←手前がミートソースのスパゲティー、
 右上はマッシュルームソースのディターリ、
 左上はポルチーニソースのフェットチーネ

f0003908_2263195.jpg

←手前の左側はトマトソースラビオリ、中にはリコッタチーズ&ほうれんそう
 手前の右側はブロッコリーソースのリガトーニ、
 左上はゴルゴンゾーラチーズのニョッキ、
 そして右上はウォルナッツソースのペンネ


どれも定番パスタなんですが、観光客の私たちとしてはこの「定番」っていうのが食べたいんですよね。
でももちろんこんな大量に食べきれるわけがなく、(ハンパじゃない量だった)
ウェイターさんに「あなたはこの量食べきれるの?」って聞いたら

「ノープロブレム!」 とプッと笑われてしまいました。さすがです!

もうお腹いっぱいで苦しいよ~。でも最後の夜に美味しくって楽しいパスタを食べられて満足。

さて、最後に。
ローマ観光でとても印象に残っているのは宿泊したB&B「Gulliver’s Lodge」オーナーのシモンです。
彼はとってもローマを愛しています。
そして宿泊する世界中の観光客に自分の愛するローマを楽しんでもらいたいという気持ちで溢れています。
私たちが行ったレストランなどもほとんど彼に教えてもらいました。お部屋も快適で大満足!

もしまたローマを訪れることがあれば、彼に会いにこのB&Bへ宿泊すると思います。
シモン、ほんとにありがとう!

f0003908_2282188.jpg

←オーナーのシモンと朝食のお世話をしてくれた妹のラオラ。笑顔満開です。
 (PS君のTシャツはそっとしておいてください…)


では、次回はベニス編へつづきます!
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-04 02:47 | イタリア旅行記

イタリア旅行記:ローマその2

LAからこんにちは。MKです。

まだまだローマ観光は続きます!

f0003908_481598.jpg

←有名な「パンテオン」。世界で最大の石造建築です。


f0003908_483743.jpg

←中に入ってみます。
 天井部には9メートルの開口部があり、
 雨の日は床のその部分だけ雨が入ってくるそうです。
 この建物内はすべて自然光。左下に写ってるのが天井から入る光です。
 すごくキレイでしょう?


f0003908_49971.jpg

←「サン・ピエトロ寺院」。
 4世紀にまずここに教会が建てられ、ミケランジェロなどの手により再建されました。
 1626年にこの姿になったそうです。


f0003908_495619.jpg

←中には聖ペトロ像があります。
 天国の鍵を持っている彼の足を触ると幸運が訪れるらしい。


そしてローマに来たら必ず行かないと、という「ヴァティカン博物館

まず博物館に入るために2時間待ち。


f0003908_4105566.jpg

←何ブロックも続く入館待ちの人たち、これは行列の一部です。


やっと中に入るとそこは芸術の一色。宗教画がほどんどで解説を読みながらひとつひとつ見ていきます。


f0003908_4113664.jpg

←「ヴァティカンの名作」という解説本を見ながら。
 それぞれの背景がわかると宗教画って本当に奥深いなぁと思います。


f0003908_412750.jpg

←美しい回廊


そして最後にたどり着く「システィナ礼拝堂」にはミケランジェロが描いた
あまりにも名高い天井画が頭上に広がります。ここでは私語が禁止されてます。


f0003908_422113.jpg

←息を呑むほどの天井画


この博物館は本当にたくさんの芸術が収められてますが、それを見に行く人の数もかなりすごいです。
朝イチから並ぶのがベターですね。朝11時ごろ到着したPS君とMK、その行列を見てかーなーりあきらめモード(-_-;)
が、ここを見ずにイタリアに行ったと言えるのかー!と気合を入れなおし並びました。

ランチも取らずにひたすら博物館を見て回りましたが、やっぱり行ってよかった!

そして…

待ってました~!の夕食。B&Bのオーナーに教えてもらったピザ屋さん「ベラ ナポリ


f0003908_4131552.jpg

←ピザを焼いているおじさんが見えます。


f0003908_4134244.jpg

←MKが注文した「カプリチョーザ」
 生ハムや卵、オリーブ、マッシュルームなどのトッピングでどこを食べても違う味、楽しい!
 赤ワインと一緒に、いただきまーす♪


そしてこの日もおしまい。お腹もいっぱい。ではおやすみなさ~い。

イタリア旅行記:ローマその3につづく。
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-03 04:28 | イタリア旅行記

イタリア旅行記:ローマその1

LAからこんにちは。MKです。

今日からしばらくのあいだ、イタリア旅行の思い出をつづります。
皆さんに少しでも私たちの感じた「イタリア気分」を味わってもらえたらな~と思ってます。

ロサンゼルスを出発し、乗り継ぎ地のフランスへ。
シャルル・ド・ゴールに着くまでは10時間とちょっと。映画を1本見ただけでその後はMKもPS君もぐっすり。

f0003908_8816100.jpg

←近未来的なイメージがとても印象的だった
 フランスのシャルル・ド・ゴール空港


そして飛行機を乗り継いでローマへやってきました!
宿泊先のB&Bに着いた時間は夜だったので、まずは腹ごしらえ。
B&Bのオーナーに「美味しいカルボナーラが食べたいんだけど…」と教えてもらったのはここ。

f0003908_885357.jpg

←その名も「ラ・カルボナーラ



f0003908_892154.jpg
←イタリア現地で食べるカルボナーラ。
 クリームは使わず卵だけで仕上げてあります。
 すっごく美味しかった♪初夜から大満足。


PS君とMKの近くに座っていた8人連れの家族は全員カルボナーラを頼んでました。
もちろん他のパスタやお料理もたくさんありますよ。

そして夕食後、「トレヴィの泉」までお散歩です。

もう辺りは真っ暗ですが、泉の周りには観光客で賑わってます。夜はライトアップされてとても幻想的。

f0003908_8104547.jpg

←映画「甘い生活」で見たばかりのシーンのように、
 トレヴィの泉に思わず入りたくなります。


次の日からは本格的な観光を開始!B&Bのオーナーにもらった地図を片手に歩く、そして歩く。

ローマの観光地はほとんどが徒歩で回れる場所にあります。
お天気もよく、歩いていると汗をかいてくるくらいの暑さでした。

f0003908_8112890.jpg

←映画「グラディエーター」でお馴染みの「コロッセオ


f0003908_8114519.jpg

←ここに5万人以上が入り、剣闘士や野獣の戦いが行われていました。
 内部の作りも残っていて、せり上がる舞台などエンターテイメントとしての構造が
 よくわかります。当時からこんなアイディアがあったなんて!と感心。



f0003908_8122863.jpg
←夜はライトアップ。アーチがとても美しい。


コロッセオ近くには古代遺跡がたくさん残っていて、歩いているだけで自分が歴史の中に
すっぽりと入ってしまうような感覚を覚えました。

f0003908_8125284.jpg

←いたるところに湧き出るお水があり、MKも飲んでみました。


そして「トラステヴェレ」と呼ばれる地区へ。
ここはギャラリーや工房、小さなブティックやレストランなどがたくさんあり、地元の人たちが広場で
おしゃべりしたりバーでお酒を飲んだり、とてもイキイキとしたローマを見ることができました。


f0003908_8134173.jpg

←こんな細い道がたくさん


お腹もすいたので「ポンテ・シスト」というレストランで夕食。

f0003908_8141137.jpg

←シスト橋のたもとにあります



f0003908_81449100.jpg

←MKが絶対に食べたかったローマの郷土料理「サルティン・ボッカ
仔牛肉の上にハムが乗っています。お肉が柔らかくて美味しい!


夜も更け、疲れたPS君とMKは宿に戻っておやすみなさ~い。

イタリア旅行記:ローマその2につづく。
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-02 08:21 | イタリア旅行記

ただいま!

LAからこんにちは。MKです。

昨日のお昼すぎ、無事にロサンゼルスへ帰ってきました~。

10月13日(金)に出発し30日(月)の帰国まで、移動を含め18日間の旅。

…もぅ、くたくたです^^;
でもね、いい経験がいっぱいできて本当にイタリアを満喫した!!って気持ち。

  1) ローマ 5日間

  2) ベニス 3日間

  3) フィレンツェ 3日間

  4) チンクエ・テッレ 3日間

  5) ジェノヴァ 1日


という旅程でいろんなところへ行ったり、美味しいイタリア料理を食べたりしてきました。
その中からいくつかピックアップしてお届けしたいと思ってます。

PS君とMKのイタリア旅行記、お楽しみに♪
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-01 06:45 | イタリア旅行記