ボク、涙が出そうデス

LAからこんにちは。MKです。

PS君が待ちに待った日がやって来ました。それは…

DAIDO MORIYAMA写真展 @ STEPHEN COHEN GALLERY

森山大道(もりやまだいどう)さんとはPS君が敬愛してやまない日本人写真家です。
海外でも高く評価されてます。(詳しくはココココ

その森山さんの写真展がここロサンゼルスで見られるだけでもシアワセなのに、
なんと写真展のオープニング・レセプションにご本人が来る!!とのこと。


  うわぁぁぁ~、DAIDOに会えるのっ!?\(◎o◎)/!


と叫び声にもならないような声で喜ぶ無邪気なPS君。興奮してMKの二の腕をぐぐぐっと掴みます。(痛いよ)

よかったね~、憧れの人に会えるねって言おうとしたらPS君は何やら考え込んでいる様子。
何かと思えばこんなこと。


  ボ、ボクの写真をDAIDOに見てもらいたいっ!


PS君はそそくさと自分のポートフォリオを持ってきました。
それは日本で撮りためたモノクロとカラー写真から厳選した24枚です。

そして日本語でご挨拶の練習。


  PS「ハジメマシテ、PSデス。アナタノ写真ガ メッチャ 大スキデスヨー♪」


・・・う~ん、もう少し練習しようね。

PS君はありったけの日本語と、どうしても伝えきれない部分はMKの通訳で
森山さんとお話しすることに決定。ロールプレイングで何度も何度も練習しました。


そして当日。
はやる心を抑えつつギャラリーへ向かう。展示されている森山さんの作品はすべてモノクロで、
雑居ビルや狭い路地、風俗街などで撮影されたものが並べられてありました。

f0003908_595029.jpg

←ギャラリーの入り口。DAIDO MORIYAMAの文字が。

f0003908_5104510.jpg

←ギャラリーの中。みんな真剣な眼差しだ…

f0003908_511755.jpg

←ソファも設置されていて自分の感想など言い合う



 あっ、ギャラリーの入り口近くで森山さん発見!!


つつつ~っとさりげなく近くに寄り、声をかける。
(PS君はこの日ウルトラ・シャイだったのでMKが声かけ係^^;)

何度も練習したご挨拶を無事に済ませ、本題へ突入。


 PS「もしお時間があれば僕の写真を見てくださいませんか?」


森山さんはとても快く受けてくれ、PS君の写真を1枚ずつ丁寧に見てくれました。
それぞれにコメントも添えてくれたのでPS君も真剣に聞き入ってます。しかも汗ダクダクにかいてます。
そりゃあそうだよね。憧れの人だもんね。

最後に森山さんは数枚の写真をピックアップしてくれました。

f0003908_5124515.jpg

←いちばん好きだと言ってくれたお祭りの写真

f0003908_513568.jpg

←とても雰囲気が出てるとのコメント

f0003908_5132936.jpg

←フォーカスの仕方がニクイね~と。


そしてこれからも頑張ってくださいとがっちりと握手を交わした森山さんとPS君。
感激で涙が出そうなPS君は、もぅやる気200%までアップです!

f0003908_5142370.jpg

←見て!このシアワセそうな顔。


レセプションも終わり、PS君とMKはギャラリーで集合したお友達7人でお隣にあるバーに飲みに行くことに。

すると、森山さんご一行がお仕事を終えて通りかかりました。窓の外からPS君に気づき、
なんと手を振ってくれたんです!!

お友達みんなに「ヒーローじゃん!!」とひやかされ、でもまんざらでもない様子のPS君。

PS君にとっては、この日は最高の日となりました。ドキドキして汗もいっぱいかいたけど、本当によかったね。
[PR]
by colormepopMK | 2006-11-20 05:27 | ロサンゼルス日記
<< 50’s サンクスギビング! 男の料理もラクじゃない >>