にぎやかな美術館

LAからこんにちは。MKです。

とある金曜日の夜、「自称インテレクチュアル」のPS君がMKを美術館へ連れて行ってくれました。
(自称ですのであしからず)

Hammer Museum (ハマー・ミュージアム)

f0003908_5444648.jpg










正確にはUCLAアーマンド・ハマー美術・文化博物館と言い、
(UCLA at the Armand Hammer Museum of Art and Cultural Ctr.)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校が経営している美術館です。そのため学生さんもたくさんいます。

館内には、かの有名なピカソなどの絵画コレクションや19世紀フランスのリトグラフとか
ルネッサンス期から現在までのグラフィック・アートなどが展示されています。
その数はなんと40,000点以上に及ぶらしいです。9月3日までは無料で入館できますよ。

特に目立ったのはコンテンポラリー・アートの展示の多さ。
アニメーション作品などもスクリーンにて鑑賞することができ、みんな座り込んで熱心に見ていました。

そして、その日は…

夜11時まで開館している日で、なんと美術館の廊下やちょっとしたスペースでお酒も飲めるんです!
(展示スペースは飲食禁止ですが)
まるでバーかナイトクラブに来たみたい。音楽だってガンガンかかってます。

お酒を片手にアートについて語る人たちを見てみる。

男性も女性もやっぱりお洒落してるな~。
お昼間に履いていたフリップ・フロップスから革靴やハイヒールに履き替えて、お出かけを楽しんでいる様子。

展示スペースでも誰もが口々にアート談義に花を咲かせてます。そのため、館内はとってもにぎやか!

日本の美術館ではあまり見られない光景じゃないかなぁ?
美術館と言えば、とっても静かでコツコツと靴音が響き個人で楽しむものっていうイメージがあったけど、
このハマー美術館で見た人たちはみんなでアートを楽しんでいるようでした。

今度は私もあそこでお酒飲んでみたいな~♪あ、もちろんアートも見るけどね^^;
[PR]
by colormepopMK | 2006-09-01 05:50 | ロサンゼルス日記
<< 空飛ぶタヌキ へその緒はとっておく?(アメリ... >>