ドキドキの移民ビザ請願(アメリカ人との国際結婚No.4)

こんにちは。MKです。

移民ビザ請願のために東京へやってきました。
私たちのように国際結婚でビザを発行してもらう場合、PS君がスポンサーとなりビザを請願し
MKは呼び寄せられる家族としてビザを申請するという手続きになるようです。

4月12日(水) 8:40AM 米国大使館に到着 (かなり冷たく強い雨、MK気分悪し)

請願の予約は9:00に取ってあり、整理券をもらって時間までしばし待つ・・・
私たちは3番目でした。

電光掲示板に3番と光り、職員さんに窓口まで来るように言われました。
PS君が提出したものは
   1)I-130
   2)I-864
   3)3年分のタックスリターン(1040)
   4)職場が発行した雇用証明レター
   5)数か月分の給与明細書
   6)G-325
   7)パスポート(写真のページとビザのページをコピーしておくこと)
   8)Birth Certificate(出生証明書)
   9)写真(5×5センチ、背景は白)


MKが提出したものは
   10)G-325
   11)DS-230のPart1とPart2
   12)戸籍謄本とその英語翻訳
   13)パスポート(写真のページとビザのページをコピーしておくこと)
   14)PS君とMKがふたりで写っている写真数枚、やりとりしたメール、国際電話の明細
   15)写真(5×5センチ、背景は白、耳を出して)
   16)婚姻受理証明書とその英語翻訳
 (Blue jets fly all around you のyukaさん、ありがとうございます!)

以上です。のんびりやのPS君のおしりをビシビシとたたきながら集めた書類です。では少し解説を・・・

1)I-130のみMKSとPS君の姓を入れて記入。その他はMKと旧姓で記入。
2)I-864に事前の公証は不要。なぜかはわかりませんが、大阪の総領事館でも東京の大使館でもそう言われた。
3)大使館のウェブサイトには3年分とありますが、1年分のみでいいらしい。PS君は3年分用意するのに数百ドルかかったのに~とぷんすか。
6)と10)G-325はPS君とMKがそれぞれ記入。ウェブサイトからダウンロードすると2枚セットで出てきますが、1枚でよいらしい。 
  2枚目は返されました。
12)戸籍謄本とその英語翻訳は、MKの結婚前の戸籍で可。
16)婚姻届を区役所に出すときに申請しましょう。翻訳ひな型は大使館のウェブサイトからダウンロード

書類はすべてオリジナルにコピーを添えて提出しますが、職員さんがひとつずつチェックしてコピーは返してくれます。
きっとこれが私たちの保管用になるのでしょう。
ただし、7)と13)ふたりのパスポートと8)Birth Certificate(出生証明書)はオリジナルを返してもらえます。

あとPS君が1枚、用紙を渡されました。
「Statement なんとかかんとか」(すいません、ちらっと見ただけなので・・・)と書いてあり、
PS君とMKの出会いから今までの経緯を簡単にまとめてくださいと言われました。
結婚から6ヶ月以内のカップルは提出が必要とのこと。

私があれほど「ふたりの出会いについてエッセイ書いてね」とお願いしていたのに、
「大使館のウェブサイトには何も書いてないから」とがんこっぷりを見せたPS君。
ほらーっ、私が正しかったのに!何で信じてくれないんだよーぅ。涙。
何をどんな風に書いたかは聞かないことにしました。ふふ。

ま、とにかく請願料金190ドルを支払い、提出するものは全部職員さんにお渡ししました。

しばし待つこと20分・・・

さっきの職員さんに呼ばれ再度窓口へふたりで行くと、
「あなたのI-130は受理されました」と職員さんが言ってくれました。

やった~、請願完了です!ふたりとも思わずスマイル。

次の手続きへ進むためのぺらんとした用紙1枚と、私のパスポート氏名変更について少し説明を受け終了。
「いろいろ調べてくれてありがとう」とPS君に言われたら、ストレスフルな数ヶ月の努力も報われるってモンですよ。

退館するまで1時間30分くらい、外へ出ると雨はやんでいました。私の心みたいです!
[PR]
by colormepopMK | 2006-04-12 23:53 | 渡米までの道のり
<< 健康診断(アメリカ人との国際結... いざゆかん、東京へ(アメリカ人... >>